心のこと…

「医科心理学」の知識を遊ぶ

男と女のラブゲーム 3

   原始時代の昔から、女性たちは(自分の遺伝子の生存可能性を最大にすべく)「浮気extra-pair couplation=EPC」という方法を使っていた…というお話をしました。 女性が浮気をするということは、その浮気のお相手の男性もいる、ということです。 要するに、男も女も浮気をしてきたわけです。

 

  これは困ります。 特に、今のような医学的に子どもが本当に自分の生物学的・遺伝子的な子どもなのかどうかを調べる方法もなかった時代、男性にとって女性の浮気は自分の遺伝子の存続の危機になってしまうわけです。 (この、男性には自分が本当の父親なのかどうか不確実さが残ってしまうという問題は、Paternal Uncertaintyという用語でよく知られています。)

  一方で、生きていくことが今よりもずっと過酷だった原始時代において、女性にとっても男性が浮気をして、その浮気が本気になってしまって、自分と子どもをおいて出て行かれるようなことがあったら、これまた自分と子どもの、そして遺伝子の、存続の危機になってしまいます。

 

  このため、自分は浮気をしたいのだけれども、パートナーの浮気は何としても防がなくてはいけない、という奇妙な状況になってきます。 どうやって阻止するか? まずできることは、パートナーが他の異性に惹かれていくのを嫌がって見せることです。 つまり「嫉妬 jelousy」をアピールすることです。

 

  ただ、パートナーの浮気といっても、男女ではその嫌がる意味が違ってきそうです。 つまり、男性にとっては、パートナーの女性が「一夜限りの浮気」でもして、他の男性とセックスをしてしまうこと(=他の男性の精子を取り入れて妊娠してしまうリスクがあること)が自分の遺伝子の存続の危機であり、困ったことです。 しかし女性にとっては、パートナーの男性の浮気が本気になってしまい、自分と子どもをおいて出て行かれることが自分の遺伝子の存続の危機であり、困ったことです。

 

  ということは、理屈的には、男性はパートナーの身体の浮気を嫌がり、女性はパートナーの心の浮気を嫌がる、ということになりそうです。 本当にそうなのか?

 

  実際にたくさんの男女を集めて調査します。今のパートナーが浮気をすることを想像して、あるいは過去に実際に浮気をされた経験がある人にそのことを思い出してもらって、パートナーの浮気のどんな側面が辛いのか? を聞くのです。 「パートナーが他の異性に心が離れなくなってしまうこと」が辛いのか? あるいは「パートナーが他の異性とセックスを楽しむこと」が辛いのか?

  まあ、どっちも嫌です。 ですが、どっちかを選ぶように言われると、確かに予想通りに、男性は「身体の浮気」を嫌がることが多く、女性は「心の浮気」を嫌がることが多い結果になったのです。

 f:id:Lemontarou:20170430145215j:image

  そう、なぜ「嫉妬」などという感情を私たちは持っているのか? ということの答えは、私たちの遺伝子が生き残るためです。 嫉妬という心を持ち、それをパートナーにアピールし続けることで、パートナーの浮気を阻止する行動パターンを持っていたものが、男も女もより多くの遺伝子を残すことができ、結果としてそのような行動パターンをコードする遺伝子が生き残って現代人にまでつながっている、ということなのでしょう。

 


参考書
Schützwohl A, et al. Which Infidelity Type Makes You More Jealous? Decision Strategies in a Forced-choice Between Sexual and Emotional Infidelity. Evolutionary Psychology, 2004; 2: 121-128.

Edlund JE. Sex Differences in Jealousy in Response to Actual Infidelity. Evolutionary Psychology, 2006; 4: 462-470.