読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心のこと…

「医科心理学」の知識を遊ぶ

男と女のラブゲーム 2

  原始時代から密かに続く女性たちの遺伝子継承戦略の重要な一つとして「浮気 extra-pair couplation」があったのだろう…ということをお話ししてきました。 女性たちは、特にイマイチな男性と一緒にいる女性たちは、妊娠可能性が高まる排卵日前になると急激に浮気願望が高まり、浮気行動が増えていくのです。

 

  彼女たちには、浮気をさらに容易にするために、排卵日前になると性的な魅力がぐっと高まる、という性質があることもわかっています。 しかも、彼女たちの性的関心も、性的魅力も、普段から一緒にいる正規の配偶者に向かうのではなく、浮気相手のイケメン男性に向かうのです。

 

  例えば、女性たちは一般に排卵日前になると顔がキレイに魅力的になることが知られています。 これは、おそらく表情の作り方が変わるためでしょう。 排卵日前になると性的に魅力的な表情の作り方になってくるのです。

f:id:Lemontarou:20170429162927j:image

  顔だけではありません。 声も排卵日前になると魅力的な声に変わることもわかっています。 これはどうやら性ホルモンの影響を受けいているようであり、経口避妊ピルをつかって人工的に性ホルモンの変動をなくしてしまうと(排卵も妊娠もしないようにしてしまうと)、声が魅力的に変化することもなくなってしまうことも知られています。

 f:id:Lemontarou:20170429162946j:image

  他にもいろいろあります。 どうやら、女性たちは排卵日前になると赤〜ピンク系の色合いの、性的に誘惑的な服を好むようになったり、歩き方、身体の動かし方がいちいちセクシーになったり、なんかいい匂いがするようになったり、実に多面的に性的な魅力が一気に増すことが知られているのです。 残念ながら、すべて浮気のためです。 普段から一緒にいる配偶者を相手に、ことさら性的魅力をアピールしてもしょうがないですし、実際に彼女らがこうしたアピールをするのは、外に出ていく時なのです。 そう、こまったことに、普段からイマイチな男性と一緒にいる女性たちは、排卵日前になると外に出かけて行き、出会いを求めていく傾向が強いことまでわかっているのです。 おそらくそうなのだろうと信じたいですが、彼女たちのほとんどは、意識的に浮気をしてやろうと思ってこのように身体的・行動的な変化を起こしているのではなく、遺伝子的にプログラミングされた、非常に無意識的なプロセスで、このようなことになっているのでしょう。 私たちが「自分」だと思っている私たちの意識的な心は、決して私たちの行動を支配する、私たちの心の本当の主人ではないのです。

 

参考書

Roberts SC, et al. Female facial attractiveness increases during the fertile phase of the menstrual cycle. Proc. R. Soc. Lond. B (Suppl.) 271, S270–S272 (2004).

 

Pipitone RN & Gallup Jr GG. Women's voice attractiveness varies across the menstrual cycle. Evolution and Human Behavior 29 (2008) 268–274.